marpa's staffblog


 

こんばんは!

 

ハリーです◎

 

 

 

うちのお店で使われているシャンプーについて

書こうと思ったのですが、、、、、

 

シリコンとノンシリコン、どちらが良いの?」という質問が多々あるので、

 

今日はこれに関して詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

少し長くなりますが、

読んでいただけると光栄です笑

 

 

まず、

 

 

 

◎シリコンとは何なのか?髪にどんな影響があるのか?◎

 

 
まず、シリコンは髪に良いものもあれば悪いものある!、と前述させていただきます。

 

シリコンは髪のコーティングに対して非常に優秀な成分で、

更に熱に強くアレルゲンにもなりません。

 

しかし、市販のシャンプーなどのに利用されているシリコンは

 

髪に絡み付き次のシャンプーで取ることもできず、

 

シリコン除去をしないと取れないとも言われております。

 

 

では、またなぜノンシリコンが注目されているのか!?

 
シャンプーは汚れを落とすもの。

 

 

それならば、コーティング成分は必要ないんじゃないか?というところから、

いつの間にかシリコンが悪者扱いになり、今に至ります。

 

 

 

ですが、ノンシリコンというものは実質デメリットの方が大きいんです

 

 

 

シャンプーで汚れや油分を落とし、でもシリコンがないので保湿をしない・・・。

 

 

 

これだと髪は乾燥し、髪のダメージ部を守るものがなくなります。

 

 

すると、あのギシギシ感が生まれます。

 

 

 

ただ、アミノ酸系シャンプーの場合は別です。

 

 

 

こちらは洗浄成分がやさしいので、洗い上がりは適度に油分が残っています!

 

 

 

なので、ノンシリコンであってもギシギシすることは少ないと思います。

 

でもこれが、市販の石油系シャンプーだと危険です。

 

石油系は洗浄成分が非常に強く、ノンシリコンだと髪を守るものさえなくなってしまう・・・。

 

すると髪は無防備な状態になり栄養や水分は抜け放題。

 

 

 

 

 

 

ノンシリコンのデメリット ①ニオイが強くなる

 
まず、シリコンがないときは髪の保湿を脂分に頼ることになります。

 

シリコンは酸化しませんが脂分は酸化(サビる)します。

 

これにより髪が硬くなり、ニオイが強くなります。

 

 

 

 

ノンシリコンのデメリット ②傷んだ部分の保湿ができない

 
シリコンは剥がれたキューティクルを補修し、保湿、手触り感アップなど必要不可欠なもの。

 

これがないと髪を守るものがなくなり髪を補修できなくなります。

 

髪は死んでいる細胞なので、シリコンで補修をしなければ傷が治ることは難しいのです。

 

 

 

 

ノンシリコンのデメリット ③熱と摩擦に弱くなる

シリコンがあることで髪は熱に強くなります。

 

もし、シリコンがない状態で180℃のコテやアイロンを使うと・・・。

 

どうなるか想像はつくと思います。

 

また、摩擦にも弱くなるので、

 

これからの乾燥の季節は静電気が起こりやすくなり、バサバサになる可能性も大きいです。

 

 

このように、シリコンが髪に与える影響はとても素晴らしいものなのです。

 

カラーやパーマを繰り返している髪にノンシリコンを使うメリットは、

 

ほとんどないと言っても過言ではありません・・・。

 

 

カラーやパーマの持ち、

またはコンディションを良くされたい方は

 

まずシャンプーを変えてみてはいかがでしょうか????